葬儀の女性の服装

葬儀での女性の身だしなみ

葬儀にふさわしい女性の服装

葬儀に出席する際、女性はどのような服装をするのが望ましいのでしょうか。基本的にブラックフォーマルを着用します。肌をあまり見せない、ワンピースやアンサンブルがよいでしょう。夏場でも五分袖まであるものが望ましいです。ストッキングと靴も、黒にしましょう。女子学生の場合は、ブラックフォーマルを持っていないことも多いでしょうから、制服を着用すれば大丈夫です。また、冬場の葬儀にはコートを着て参列する人が多いと思いますが、コートも黒、紺、グレーなどの暗い色を選びましょう。殺生をイメージさせる毛皮のコート、ダウンジャケットなどのカジュアルすぎるものはNGです。

葬式での服装について

葬儀に参列する場合には当然のことながら華美な服装は避け、地味な色合いの服もしくは着物を着ます。特に遺族や親族の場合には、他の参列者の方からも見られることになりますのでよく考慮した色合いや服にします。男性の場合ですと、「和装」の場合には、黒羽二重染め抜き五つ紋付の羽織と着物に仙台平の袴が正装になります。旅は白か黒、草履の鼻緒は黒い物とします。「洋装」の場合には、黒いモーニングかブラックスーツが正装です。女性の場合は、「和装」は黒無地染め抜き五つ紋付の着物に黒無地の丸帯が正装です。「洋装」は黒のワンピースやスーツ、アンサンブルとします。長袖または七分袖としてひざが隠れるようにするのが正装です。このような服装で葬儀に参列するのがマナーです。

↑PAGE TOP