葬儀のシャツについて

葬儀のシャツを考える

葬儀の服装で注意したいシャツ

男性が葬儀に参列する際に、準礼装のブラックスーツの下に着るシャツは、一般的には白無地のカッターを着用します。白無地でも、光沢がある生地のものはNGとされています。また、ボタンダウンやワイドカラーなどの特徴のあるデザインのものは、カジュアルとみなされて好もしくありません。デザイン以外にも、ストライプなどの柄物や色物のシャツも避けるようにしましょう。男性の方で悩むことが多いのが、暑い夏の時期の葬儀の服装です。夏の場合は、白無地であれば半袖でも構いません。ただし、必ずジャケットを持参して、参列するときは着用します。

葬式にふさわしい服装とは

葬儀に列席する際には気を付けなければならない点がいくつかあります。そのうちの1つが服装です。祝いの席ではなく、亡くなった人を送り出す葬儀では明るい色というのはマナー違反です。きちんと喪服という専用の服を1着は用意しておく必要があります。学生であれば制服でも可能とされています。また女性のタイツは黒色、男性の靴下やネクタイは黒色と定められています。間違ってもカラフルなものを履いてこないように気を付けましょう。そして女性で特に気を付けなければならないのは髪型やメイクです。派手なものは避けシンプルな装いを心がけましょう。

↑PAGE TOP