遠方の葬儀の服装

遠方の葬儀の服装を考える

遠方で葬儀に参列する際の服装

遠方で行われる葬儀へ参列する際の服装に迷われる方は多いでしょう。特に、長時間車や電車で移動となると喪服を着ていることが苦痛になることもあります。しかし、故人との関係性にもよりますが、葬儀場で喪服に着替えることが困難になることもあります。たとえ、着替える場所が確保されていたとしても、移動時間によっては到着時間もぎりぎりになってしまうこともあります。あらゆる事態に備えて、行きは遠方であっても喪服を着て出かけるのが良いでしょう。念のため普段着も持参しておき、式が終わった帰りに関しては、式場のパウダールームなどを利用して着替えるのがおすすめです。

葬式の服装のマナーについて

だれでも生きていれば葬儀に参列する経験はでてくるものです。葬儀の服装についてのマナーは喪服が基本です。ただそれよりも大事なものがあります。それは故人を送り出す気持ちです。忙しい現代人ですから準備もできずに駆け付けるという人もいますし、たまたま用意がしていなかったという人もいます。そういう場合は黒のネクタイをしたりなるべく黒に近い洋服で地味にしていくことも許されます。喪服がないから、参列できないというほうがおかしな話です。40代以上は喪服は持っているのが当たり前ですが20代のころは持っていなかったとしても地味な服装が許される年齢です。

↑PAGE TOP