遺族の葬儀の服装

葬儀での遺族の服装は

遺族の葬儀での服装のマナー

遺族の葬儀での服装のマナーとして、通夜が始まるまでは地味な平服で過ごすことが一般的です。華美なものや肌の露出が多いものは避け、女性の場合は、化粧も控えめにします。ただし、通夜前に弔問が訪れることもあるため、状況次第では喪服に着替えることもあります。通夜と葬儀では、喪服を着用します。主催者の立場となるため、正式喪服を着用します。身内だけで通夜を行う場合には決まりはありません。子供は、園や学校の制服を着用します。制服がない場合は、黒や紺などの地味な色のジャケットに同色系のスカートやズボンを組み合わせます。

葬式に参列する際の服装

葬儀に参列する際の男性の服装は、略礼服の黒のスーツに白のカッターシャツと黒のネクタイを結びます。ネクタイピンは真珠はつけても構いませんが、基本つけないほうがいいでしょう。女性は、黒のツーピース、もしくはワンピースに黒のストッキングを着用し、アクセサリーは結婚指輪以外は外しましょう。真珠や黒真珠、ジェットはつけても構いません。ハンドバッグや靴は、金具の付いていないものでエナメルのように光らない素材の黒革などを使用します。子供が葬儀に参列する場合は、学校の制服があればそれを着用し、なければ地味な服装で構いません。

↑PAGE TOP